アルバイトとしてスポーツジムで勤務する時の仕事内容と大事な事

屋内運動11

アルバイトとしてスポーツジムにこれから勤務したいという人は、まずは仕事内容について理解する必要があります。仕事内容が自分に合っていて、やりがいを持って仕事が出来るかどうかの判断材料にしましょう。これから、アルバイトとしてスポーツジムで勤務する場合の仕事内容と大事なことについてお話していくので、参考にしてください。

主に2つの仕事がある

屋内運動23

スポーツジムのアルバイトの仕事内容ですが、主に2つあり、受付業務とトレーナーになります。この2つはそれぞれ分けられており、受付業務の仕事に応募すれば、主に受付での会計とお客さんにサービスの説明をします。

また、トレーナーの仕事に応募すると、お客さんに運動マシーンの操作方法やどのようにすればダイエット出来るのか、効率よく筋肉を付ける事が出来るのかなどを教えていきます。どちらの仕事も主に接客業となり、人と話すことが好きな人に向いています。

パソコンや事務処理が得意であれば、受付業務の方がスムーズに仕事を覚える事が可能です。また、スポーツをするのが好き、多くの人と運動を通じてコミュニケーションを取りたいというのであれば、トレーナーの方が向いています。

どちらも接客業ですが、仕事内容は違う所も多いので、求人に応募する前にどちらの仕事が自分に向いているのかを考えて、応募する事が大事です。トレーナーとして勤務する場合は、運動についての基本的な知識が必要になるので、採用が決まったら運動について勉強して理解を深める事も必要です。

運動についての知識が乏しい場合は、施設利用者に良いアドバイスを与える事が出来ないので、仕事に影響する可能性があります。

受付業務のアルバイトをする時に必要な事

スポーツジムのアルバイトの仕事には受付業務がありますが、この仕事をする時にはパソコンを操作できるというのが大事です。今では、受付処理もパソコンを利用している施設が多くなっているので、パソコン操作が苦手だと仕事をスムーズに行うのが難しくなります。

パソコンの詳しい知識は必要ないので、練習すればこの問題は解決します。家にパソコンがある人は、毎日打つ練習をしてキーボードを見ないでも入力出来るようにしておきます。もし、パソコンがない人は、購入する方法もありますし、インターネットカフェなどでパソコンの練習をする方法もあります。

受付業務の仕事をしていくと、自然と打つスピードは速くなりますが、早く仕事に慣れるためには初めからスムーズに文字を入力出来るのが望ましいです。また、受付業務はサービスの説明を行う事が多いので、説明力も必要不可欠です。

マニュアルがあり、その通りに説明すれば何の問題もないですが、マニュアルに頼らなくても説明する事が出来ると、簡単にお客さんにサービス内容を理解してもらう事ができますよね。さらに、敬語で話すことも必要不可欠なので、正しい敬語を利用出来るようにしておく事も必要です。

トレーナーの仕事で必要な事とは

屋内運動17

スポーツジムのアルバイトの仕事には、受付業務の他にトレーナーの仕事があります。トレーナーの仕事をする時に必要になるのが、積極的にコミュニケーションを取る事です。スポーツジムに通っている人の中には、初心者もいて、運動マシーンを正しく利用出来ていない人もいれば、どのように運動すれば良いのか迷っている人もいます。

そういう人がいたら、声をかけてアドバイスを与える事が大事です。スタッフが優しくフォローすると、利用者が施設を高く評価してくれる可能性があります。初めてのお客さんは、利用しやすいスポーツジムだと今後も長く通ってくれる可能性があるので、困っている利用者を助ける事はトレーナーの仕事で一番大事です。

しかし、小まめにアドバイスすると、逆に迷惑になる可能性があるので、一人一人の利用者をしっかりと観察して、アドバイスした方が良い人にだけ声をかける事も必要になります。また、利用者と話をする時には、笑顔で答える事も必要です。

利用者も笑顔があるスタッフだと声をかけやすく、良い雰囲気の中で運動を楽しめるので、無表情で接客しない事を頭に入れておきます。

利用者が怪我をした場合はすぐに対処する

スポーツジムを利用している人は、当然運動をしているので何かしらの原因で怪我をする可能性があります。運動中に転んで怪我をする事がありますし、筋肉系のトラブルが起きる可能性もあります。そこで、スポーツジムで働く時には、利用者が怪我をした場合は、すぐに駆け寄って適切な対応をする事が大事です。

もし、どのような怪我をしているのか分からない場合は、施設の責任者などを呼んで、適切に対応してもらう事が大事です。

気づくのが遅くなったり、うまく対処する事が出来ないと、利用者を困らせる可能性があります。逆に怪我をした時にきちんと適切な対応をすると、利用者も安心して今後も施設を利用してくれる可能性が高くなり、結果的に評判が良くなります。

うまく対応するためには、スポーツに関係がある怪我についての知識を身に付けておく事です。特に筋肉系のトラブルは多いので、筋肉系の怪我の原因や治療法などを理解します。また、利用者が怪我をしないように、怪我の予防策をアドバイス出来ると、利用者がより安心して運動をする事が出来ます。

関連記事:スポーツジムは東京にたくさんある

アルバイトだからといって気を抜かない事

アルバイトとしてスポーツジムに勤務する時に大事になるのが、気を抜かない事です。アルバイトだからそこまでスポーツに関する知識を身に付けなくても良い、適切にアドバイス出来なかった場合は仕方がないという気が抜けたような気持ちで、仕事をしていると利用者からクレームを言われる可能性があります。

トレーナーとして働く時には、利用者はあなたをプロのトレーナーだと認識していることもあり、アルバイトだからうまく対応出来ないという理由は通じないです。アルバイトも給料をもらって仕事をしているので、責任を持って利用者のために何が出来るのかを常に考える事が必要です。

利用者の期待に答えられるように、運動の勉強をしたり、興味を持つ事は必要であり、仕事にやりがいを持つ事も大事になります。このように、気を抜かずに仕事に対して努力することによって、周りからの評価が高くなり、自信になります。

気を抜かずにスポーツジムで勤務するためには、運動で多くの人に貢献したい気持ちが必要になるので、運動な好きな人に向いている職業です。